「VoiceText Web API」サービス利用規約

第1条 (規約の適用)
HOYAサービス株式会社(以下「当社」といいます)は、この「VoiceText Web API」サービス利用規約(以下「本規約」といいます)に基づき、「VoiceText Web API」サービス(以下「本サービス」といいます)を提供します。本サービスの利用者(以下「ユーザ」といいます)は、本サービスの利用に際し、必ず本規約をご確認いただき、本規約にご同意いただく必要があります。当社は、ユーザが本サービスを利用したことをもって本規約に同意したものとみなします。

第2条 (本規約等の変更)
本規約は、当社の任意の判断により、変更されることがあります。当社は、変更後の利用規約が掲示された以降にユーザが本サービスを利用したことをもって、変更後の利用規約についても、ユーザがこれを承諾したものとみなします。

第3条 (申込)
ユーザは、本規約の内容を確認・同意した上で、当社所定の手続きに従って、本サービスの利用申込みをするものとします。
当社は、当社が不適切と判断した場合、当該利用申込みを拒絶することができるものとします。また、利用申込み承認後であっても当社が不適切と判断した場合は、本規約に基づきユーザの登録を取り消すことができるものとします。
ユーザは、当社による申込みの拒絶および登録の取り消しに対し、異議を述べないものとします。

第4条 (アクセスキー管理)
ユーザは、当社から発行されたアクセスキーの管理責任を負うものとし、第三者に譲渡・貸与・開示してはならないものとします。但し、本サービスを利用して開発するアプリケーション等のプログラムの仕様上開示せざるを得ない場合は除きます。
ユーザは、アクセスキーの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等に起因する損害につき、自ら責任を負うものとし、アクセスキーが第三者によって不正に使用されていることが判明した場合には、速やかに当社に連絡するものとします。
アクセスキーが不正に利用された場合であっても、当社は当該利用がユーザによる適正な利用とみなし、当該利用により発生した一切の損害等につき何らの責任も負わないものとします。

第5条 (アクセス制御)
第3条に基づき登録手続きを経ていないユーザによる利用であることが合理的に推測される場合、または本サービスの負荷を鑑み当社が必要と判断した場合には、当社は、特定IPアドレスからのアクセス数・時間の制限もしくはアクセスの拒否等を行う場合があります。
当社は、ユーザが本規約に違反していると判断した場合、あるいはユーザによる本サービスの利用が適切でないと当社が判断した場合、当該ユーザへの連絡なしに、当社の判断により、当該ユーザからの本サービスへのアクセスを拒否する場合があります。

第6条 (テキスト及び音声データの取り扱い)
ユーザは、本サービスの利用に際し、入力されたテキストおよび出力される音声データの取り扱いについて、次の各号の条件を承諾するものとします。また、本サービスを利用したアプリケーションのエンドユーザに対しても自己の責任により、本規約の内容を承諾させるものとします。
(1)当社が、当社のサーバーに入力されたテキストを、本サービスおよび音声合成技術の改良の目的で利用すること
(2)当社のサーバーから出力された音声データは、本サービスを利用したアプリケーション内のみで使用すること
(3)当社のサーバーから出力された音声データを、直接的または間接的に配布しないこと(但し、当社の事前の書面による承諾がある場合はこの限りではありません)

第7条 (禁止事項)
1.ユーザは、本サービスの利用に関して以下の行為を行わないものとします。
(1)当社もしくは第三者の著作権、商標権などの知的財産権その他の権利を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
(2)他人の名誉、社会的信用、プライバシーを侵害する恐れのある音声を送信する行為
(3)本サービスで作成した音声データの商用利用、及び二次利用する行為(第三者へ再生を超えた保存目的での提供など)
(4)本規約に違反して、第三者に本サービスを利用させる行為
(5)法令若しくは公序良俗に違反し、当社若しくは第三者に不利益を与える行為
(6)第三者になりすまして本サービスを利用する行為
(7)第三者が嫌悪感を抱く、もしくはその恐れのある音声を送信する行為
(8)本サービスの利用若しくは運営に支障を与える行為、または与える恐れのある行為

2.ユーザは、前項各号のいずれかに該当する行為がなされたことを知った場合、または該当する行為がなされる恐れがあると判断した場合は、直ちに当社に通知するものとします。

3.当社は、本サービスの利用に関して第1項各号のいずれかに該当するものに関連することを知った場合、事前にユーザに通知することなく、本サービスの提供を停止することができるものとします。

4.企業、法人、各種団体、その他個人事業主による本サービスの利用は、開発・検証目的に限るものとし、その利用形態が有料か無料かを問わず、アプリケーションマーケットへの登録、ウェブサイト上での一般公開、社内利用などはすべて商用利用とみなします。本サービスで作成した音声データの商用利用または二次利用を希望するユーザは、当社と別途ライセンス契約を締結する必要があります。

第8条(免責)
当社は、本サービスおよび当社ウェブサイト内の情報に誤り、エラー、バグおよび中断がないこと、または信頼性、正確性、完全性、安全性および有効性等について一切保証いたしません。
当社は、本サービスを利用し、またはこれに関連してユーザが開発するアプリケーションに関して生じうるあらゆる損害、責任、およびクレームに関し、一切責任を負いません。
当社は、以下の事由に基づいて発生したユーザまたは第三者の一切の損害(但し、当社に故意または重過失がある場合は除きます)について、その賠償責任を負わないものとします。
(1)本サービスの利用または利用不能
(2)本サービスを通じて入手されるデータや情報
(3)ユーザが行ったデータの送信またはデータへの不正アクセスあるいは改変
(4)本サービスの利用に関する第三者からの評価
(5)その他、本サービスの利用に関するあらゆる事柄

第9条(検査)
ユーザは、以下に該当する場合、本サービスを利用して開発されたユーザのアプリケーション等を検査する等の措置を当社がとる場合があることをあらかじめ承諾するものとします。
(1)当社が、ユーザによる本ウェブサイトのリンクの品質を確保するために必要と判断したとき
(2)当社が、法令遵守、本規約の遵守、当社ウェブサイトのユーザもしくはその他の第三者の権利、財産、もしくは安全を確保するために必要と判断したとき

第10条(個人情報の取扱い)
当社は、ユーザから取得した個人情報を、本規約および別途当社が定める当社の個人情報保護方針に従って適切に保有・管理します。
1. 本サービスの利用にあたり、ユーザから提供していただく情報の種類
・氏名
・メールアドレス
・所属
・電話番号

2. 個人情報の利用目的
当社は、取得した個人情報を、以下に定める目的に従って利用します。以下の目的以外の目的で個人情報を利用する場合には、その都度、その利用目的を明らかにした上で、ユーザからの事前の同意を取得します。
(1)ユーザからの問い合わせ対応、本サービスに関する情報提供、その他ユーザサポート
(2)より的確なサービスを提供するためのマーケティング調査・分析
(3)サービスの不正利用の防止および不正利用発生時の調査等
(4)その他、本サービスの提供に必要な業務のため

3. 個人情報の取得方法
当社ウェブサイトの入力フォームを通じて取得

第11条(本サービスの変更・終了)
当社は、本サービス(「VoiceText Web API」の仕様を含みます)の全部または一部をユーザへ事前に通知することなく、変更、中断、または終了することがあります。それによりユーザや第三者が損害を被った場合でも当社は一切の責任を負いかねます。
当社は、下記のいずれかの事由があるとき、ユーザへ事前に通知することなく本サービスの全部あるいは一部の提供を中断及び停止することがあります。それによりユーザや第三者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いかねます。
(1)当社または当社指定の第三者により「VoiceText Web API」の仕様変更を実施する場合
(2)当社または当社指定の第三者による当社ウェブサイト・本サービスに関する設備の保守その他工事を行う場合
(3)当社または当社指定の第三者による当社ウェブサイト・本サービスに関する設備の障害または故障の場合
(4)地震、洪水、津波等の自然災害、戦争、動乱、暴動、停電その他の非常事態が発生した場合
(5)司法、行政機関等しかるべき機関の要請による場合
(6)その他運用上、技術上の理由により当社が必要と判断した場合

第12条(本規約の違反)
ユーザによる本規約の違反により、当社または第三者に損害を与えた場合、ユーザは自らの責任と費用でこれを賠償することとします。また、ユーザが本サービスを利用することにより、第三者との間で生じたクレーム、紛争等については、ユーザ自ら当該第三者との間で処理、解決することとし、当社に対して一切迷惑をかけないこととします。

第13条(準拠法及び裁判管轄)
本規約およびユーザと当社の関係については、日本法を準拠法とし、万一ユーザと当社との間に訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

附則:本規約は2014年7月9日から施行します。


改定履歴
2014年7月10日改定
2015年4月1日改訂